後施工梁受け金物|KANESHIN

カネシン後施工梁受金物

デザイン・機能が優れた建材を建築家が紹介するサイト「アーキテリアル.jp」。
今回は木造建物の増築時に、既存の柱に新設の梁を金物工法を用いて接合するための後施工金物の紹介です。

後施工金物(梁受用)1,2,3|株式会社カネシン

後施工金物ラインナップ構造金物や金物工法用の接合金物、制震装置などで有名なカネシンですが、増築時の後施工用の金物のラインナップがあります。
商品名がそのまま「後施工金物<梁受用>」という名前なのですが、対応する梁の高さにより「後施工金物1」(対応梁高さ105mm、120mm)「後施工金物2」(対応梁高さ150mm、180mm、210mm)「後施工金物3」(対応梁高さ240mm、270mm、300mm)となっており、それぞれ梁幅105mm用120mm用の2種類が用意されています。


platelist
カネシンのプレセッターやNCNのSE工法用など通常の金物工法用の金物と違うところは、金物の柱への接合がボルトではなくビス止めになっているというところです。さらに、リフォームや既存梁の補強時など、既存の梁に下側から沿わせて設置できるような構造になっています。


後施工金物施工手順【短期基準接合耐力】
後施工金物1・・・(引張)11.5kN  (せん断)7.6kN
後施工金物2・・・(引張)13.7kN  (せん断)15.2kN
後施工金物3・・・(引張)16.6kN  (せん断)33.8kN
カネシンWebサイトより

presetor1-2(参考)通常の金物工法用金物 プレセッター|カネシン

施工例

IMG_1111当事務所での施工例です。木造住宅にパーゴラを増築したときに使用しました。
ビス止めですので、柱の裏側にボルトナットを設置することができない場合でも問題なく接合できます。
当然、既存柱の断面欠損も最小限で済みます。

IMG_1112

– カネシン後施工金物の詳細ページ –
– 後施工金物<柱頭・柱脚用>はこちら –

関連記事

建材・素材・設計情報を検索

建材紹介サイト|アーキテリアル.jp

デザイン・機能が特に優れた建材や素材を建築家が紹介する建材情報サイトです。
建築設計の仕事をすすめる上で有益な情報も紹介しています。

注目の建材・素材

  1. リアルパネルヘリンボーン不燃ボード 様々な天然木材(樹種)の突板を使用した内装用不燃ボード「リアルパネル」|ニッシン…
  2. ガラスパーテーション アルミ押出成型材を利用したガラスパーテーションシステム「トライプリズム」|ガラス…
  3. ベンコア イタリア発アクリル複合大判パネル「BENCORE」|シーブジャパン(日本総代理店…
  4. 建築家が紹介する「デザイン・機能が優れた建材・素材」記事広告の募集
  5. 標高2000mの環境が生み出すグレー色が美しいパイン古材 「グレイウッド」|アル…
  6. アンティークガラス 約3000種類の海外輸入デザイン型板ガラスを扱うガラス専門商社|ガラスランド株式…

最近の記事

  1. ハンドラフト鋼板
  2. 給排水衛生設備記号
  3. リアルパネルヘリンボーン不燃ボード
  4. アンティークウッド
  5. ガラスパーテーション
  6. ベンコア
PAGE TOP