蛍光灯・LED照明用減光フィルムと光拡散スリーブ・フィルムの紹介

調光の効かない蛍光灯やLED照明の照度を少し落としたい場合に、簡単に取り付けることができる減光フィルム光拡散スリーブ・フィルムを紹介いたします。
それぞれの商品の特徴と使い方は以下の通りです。

減光フィルム

蛍光灯LED照明に取り付けて、紫外線をカットしたり、照度を調整したりと様々な効果を付与するためのフィルムです。

商品によっては色温度を変えたり色味を変えたりできると同時に、調光の効かない照明の照度を暗くできるものもあります。
蛍光灯用の減光フィルムは商品があらかじめカール状になっているものが使い勝手がよく、蛍光灯に合わせてカットしたり、つなぎ合わせたりして長さを調整します。
LED照明用のフィルムは、カール加工が施されていないものをカットして使用します。
平板状のものですので照明の形状によっては使用できない場合もあります。

光拡散スリーブ・フィルム

光拡散スリーブは、内照式看板内部の蛍光灯の光を拡散させるためのスリーブ状のフィルムです。
アクリル板と蛍光灯の距離が十分に確保できてない場合に、明るさにムラができて蛍光灯のラインが浮かび上がってしまう場合などに、内部の蛍光灯に被せるように取り付けることで明るさの均整度をあげることができます。

また、同じような目的の平面フィルム状の商品がありますが、こちらはアクリル板の裏側に貼りつけて使用します。

スリーブ状の商品は、間接照明の懐が浅く明るい部分と暗い部分の距離が著しく短くなってしまう場合などにも応用できそうです。

それでは減光フィルム光拡散スリーブ・フィルムを順に紹介していきます。

目次

減光フィルム 「ルミネカラー」| アルゴ株式会社

アルゴ株式会社様の「ルミネカラー」は本来、蛍光灯や蛍光灯型LED照明の色を変えるためのカラーフィルムです。

カラーラインナップが18色あり、白昼色の蛍光灯に巻きつけるだけで、電球色に変えたり、カラー蛍光灯に変えたりするのが本来の使い方です。

ホワイト色のフィルムで照度を約40%落とす効果(メーカー数値)がありますので、減光フィルムとして使用することも可能です。

ルミネカラー カラーラインナップ

ルミネカラーのカラーラインナップは全18色(2023年4月現在)です。
ホワイト色で蛍光灯の照度を約40%(メーカー数値)落とすことができます。
ただし、体感的には40%も暗くなってる?という感じではあります。

メーカーのWEBサイトには記載されていませんが、カラーによって減光効果は変わると思われます。
また、何重かに巻くことでさらに暗くすることも可能かと思われますが、正しい使用方法ではないと思いますので自己責任でお願いいたします。

ルミネカラー 寸法・仕様

メーカーサイトに記載のあるルミネカラーのサイズは、各カラーとも40W蛍光管用の1種類ですが、楽天などの販売店では20W蛍光管用の短いサイズのラインナップがあるようです。

取り付け方法は、ロール状に形状記憶されたフィルムを蛍光管に巻き付けるだけなので、蛍光灯を交換する場合にも使い回しが可能です。

なお、ダウンライトやブラケットなど他の形状の照明にも対応できるカール加工がされていない平板タイプの商品もラインナップされています。
ただし、粘着効果はありませんので、ブラケットのアクリル面やガラス面に貼り付ける場合は、後で紹介する3Mスコッチカルのディフューザーフィルムの方が使い勝手がよいかと思います。

ルミネカラー平板仕様
ルミネカラー 寸法規格
  • ルミネカラー40W用 200mm×1195mm (メーカー記載サイズ、販売店取扱サイズ)
  • ルミネカラー20W用 200mm×575mm (販売店取扱サイズ)
  • ルミネカラー平板 200mm×1195mm(販売店取扱サイズ)
ルミネカラー 仕様
  • 素材:ポリエステル
  • 仕様条件:85℃以下
  • 熱特性 融点 250.8℃ 引火点 240℃ 発火点 500℃ (消防法危険物の確認試験方法に基づく参考値)

長さ1195mmは40Wの普通蛍光管にぴったりのサイズです。
継ぎ足したり、はさみでカットすることで他の長さの蛍光管に使用できます。
各蛍光管の長さは以下の通りです。

蛍光管規格10W15W20W30W32W35W40W65W110W
長さ(mm)330436580630830100011981498.52367
蛍光管サイズ表

ルミネカラー 販売店

ルミネカラーの販売店の紹介です。
40W用20W用平板仕様のそれぞれの販売店を紹介いたします。

光拡散スリーブ 「モスクリーン 」 | アルゴ株式会社

モスクリーン(一般照明用)
モスクリーン(両面看板用)
モスクリーン(一般照明用)取付イメージ


アルゴ株式会社様の光拡散スリーブ「モスクリーン」は、蛍光灯に直接取り付けて光の拡散効果をより高めると同時に、正面への光量を多少抑えることによる半間接照明効果を持たせる商品です。

この商品の本来の目的は、内照式看板の内部照明とアクリル板との距離が確保できない場合に光を拡散させることで、看板全体をできるだけ均一な照度に保つことにあるようです。

片面用と両面用がありますが、片面用は普通の蛍光灯を簡易的な半間接照明にすることが出来ます。
蛍光管を筒状のカバーに通すだけの簡易的なものなので、見える場所にそのまま使用するのは避けたいですが、間接照明のふところが十分に確保できない場合などに有効的です。

モスクリーンの光拡散効果

モスクリーン(一般照明用)光拡散効果

モスクリーン(両面看板用)光拡散効果

モスクリーン 寸法・仕様

モスクリーンは、一般照明用両面看板用共にサイズは40W蛍光管用1種類です。
それより短い蛍光管にはカットして使用します。

40W以外の蛍光管の長さについては、こちらの表を参考にしてください。

モスクリーン 寸法規格
  • モスクリーン(一般照明用) 78mm×1190mm
  • モスクリーン(両面看板用) 78mm×1190mm
モスクリーン 仕様
  • 素材(一般照明用) 拡散前面は白化ポリエステル穴あきフィルム 背面は紫外線を99%防止するポリエステルフィルム
  • 素材(両面看板用) 前面・背面とも紫外線を99%防止するポリエステルフィルムの上に塩ビの穴あきフィルムを接着
  • 熱特性 融点 250.8℃ 引火点 240℃ 発火点 500℃

モスクリーン 販売店

モスクリーンの販売店の紹介です。
両面看板用の販売店は見当たりませんでした(2023年4月時点)ので、アルゴ株式会社様に直接お問い合わせ願います。

カイマート
¥1,650 (2024/02/22 08:17時点 | 楽天市場調べ)

ディフューザーフィルム | 3M™スコッチカル™

3M™スコッチカル™様のディフューザーフィルムです。
アルゴ様のモスクリーンスリーブと同じように、内照式看板の明るさの均整度を高める目的の商品ですが、モスクリーンが内部の照明に直接かぶせる商品であるのに対し、こちらの商品はアクリルの裏面に貼って使用します。

光線透過率30%の商品60%の商品の2種類がラインナップされていて、減光フィルムとして利用できそうですが、体感的に数値ほどの効果は得られないようです。

ただし、LEDダウンライトやブラケット照明などの、LED独特の目に差し込んでくるような眩しさはある程度軽減できる効果があるようです。

ディフューザーフィルム 寸法・仕様

ディフューザーフィルム幅1220mmのロール状の製品ですが、ネットショップ上で切り売りされています。
また、オーダーサイズにカットした状態で販売してくれる店舗も存在するようです。

ディフューザーフィルム 寸法規格
  • 透過率30% 3635-30(乳白)  1220mm巾 ネットショップで1m単位またはオーダーサイズで販売
  • 透過率70% 3635-70(乳半)  1220mm巾 ネットショップで1m単位またはオーダーサイズでで販売
ディフューザーフィルム 仕様
  • 素材 ポリ塩化ビニル
  • 厚さ:0.08mm (粘着剤含む)

ディフューザーフィルム 使用方法

ディフューザーフィルムは平面状のアクリル板やガラス面などに貼り付けて使用します。
粘着剤がついていますので、車のウィンドウフィルムと同じような手順で貼り付けます。
貼り付け方は販売店様の購入ページに説明ページへのリンクがありますので、そちらをご参照ください。

ディフューザーフィルム 販売店

ディフューザーフィルムの販売店を紹介いたします。

その他の減光フィルム代替品

減光フィルムと似たような機能を持つ商品を紹介します。

商品それぞれの本来の目的とは違う使用方法なので、実際の使用に関しては自己責任でお願いいたします。
フィルムに遮熱効果がありますので、照明が高温になるようなものには使用は控えた方が良いでしょう。
事故や器具の破損につながる恐れがあります。

クレアス 遮熱(日射調整)フィルム | サンゲツ

サンゲツ様のクレアスシリーズの中の遮熱(日射調整)フィルムです。

サンゲツ様のクレアスシリーズには実に様々な機能性フィルムがありますが、その中から減光効果が高そうな商品(スチームシャドー20スチームブロンズ20)を紹介いたします。

ネットショップでは1m以上10cm単位で購入可能で、記載の調査価格は10cm単位の金額です。
カタログによりますと、可視光線の透過率スチームシャドーが19%スチームブロンズが23%となっていますが、他の商品と同様に、体感的に明るさが8割程度低減されるということにはならないと思われます。
あくまで参考値とお考えください。

施工方法は販売店様の購入ページに記載がありますので、そちらをご参照ください。

部位別カテゴリー 関連記事

目次