フレームキッチン特集|サンワカンパニー&R不動産

オープンカウンターキッチン特徴

個性的なデザインのキッチンをワンプライスで販売しているメーカー、「サンワカンパニー」「R不動産」のキッチンを紹介いたします。
両者ともフレームキッチンが非常に充実しています。
両社のキッチンは過去の記事でも多く取り上げてきましたので、各製品の詳細な情報はそちらを参照していただくとして、この記事では両メーカーの似たようなサイズのキッチンを選び、それぞれの特徴と価格を比較しながら紹介いたします。

目次

フレームキッチン4商品|サンワカンパニー&R不動産

フレームキッチン「OSSO・オッソ」サンワカンパニー

フレームキッチン幅2100〜2700mm 奥行650mm 高さ850mm

参考価格:幅2100mmタイプ ¥262,000(ウォール型)
※ ガスコンロおよび水栓は標準装備

シャープ印象のオールステンレス製フレームキッチンです。
シンプルなデザインで、サイドパンチングパネルや食器洗浄機などのオプションも充実しています。

フレームキッチン「オッソ」詳細記事はこちら。
[clink url=”https://architerial.jp/stainless_frame_kitchen_osso/”]

「ステンレスフレームキッチン」R不動産

opencounterkitchen2幅2100〜2700mm 奥行650mm 高さ850mm

参考価格:幅2100mmタイプ ¥253,800(ウォール型)
※ コンロ・水栓はオプションで別途価格

無骨なデザインが特徴のフレームタイプのフレームキッチンです。
こちらもオプションが非常に充実しており、食器洗浄機や各種引出しなどを追加できます。

「ステンレスフレームキッチン」の詳細記事はこちら。
[clink url=”https://architerial.jp/stainless_frame_kitchen/”]

「ユニットシェルフキッチン」サンワカンパニー+無印良品

muji_shelf_detail_img02幅1680〜2760mm 奥行415mm〜820mm 高さ845mm

参考価格:幅2220mm 奥行670mm 高さ845mm ¥317,150(独立タイプ)
※ 加熱機器・水栓は別途料金です。

無印良品のユニットシェルフと同規格のキッチンです。
追加棚やサイドパネルなどでカスタマイズが可能であると同時に、無印良品の豊富な収納オプションを組み入れることでさらなるカスタマイズができます。

「ユニットシェルフキッチン」の詳細記事はこちら。
[clink url=”https://architerial.jp/unitshelf_kitchen/”]

「カスタムキッチン」R不動産

custom-kitchen幅800〜2100mm 奥行〜650mm 高さ〜900mm(標準サイズ)

参考価格:幅2100mm 奥行650mm 高さ900mm ¥249,800
※ 加熱機器・水栓は別途料金です。

合板とステンレスのハイブリッドキッチンです。
標準サイズではどちらかというとミニキッチンの部類に入るのですが、幅、奥行、高さ共に自由にサイズオーダーできますので、大型サイズも可能です。(別途見積りが必要です)

「カスタムキッチン」の詳細記事はこちら。
[clink url=”https://architerial.jp/custom_kitchen/”]

どちらのメーカーのキッチンも個性的でカスタマイズ性が高いのが特徴です。
建築家や設計者に自分好みの完全なオリジナルキッチンを特注するのもよいですが、予算が厳しい場合などにはこういった個性的なキッチンを検討してみるのもいかがでしょうか。
気になるキッチンがありましたら詳細記事の方を是非覗いてみてください。

次回はサンワカンパニーとR不動産のコンパクトキッチン4商品を特集いたします。

目次