緩衝用低反発ゴム|反発弾性わずか2%

今回は少し特殊な建材を紹介いたします。
デザイン的に優れたと思える建材・素材を紹介するブログですが、今回の商品の特筆すべき点は、その機能性にあります。

ハネナイト(低反発・制振ゴム) | 内外ゴム株式会社

低反発ゴム

ゴルフバーの設計でシミュレーションゴルフの設置を検討していた際の話なのですが、通常、スクリーンに向って打たれたゴルフボールの勢いを消すためには、スクリーン裏に300mm程度のクリアランス(緩衝空間)が必要です。
その物件の設計時には様々な悪条件が重なった結果、どうしてもスクリーン裏に170mm程度の空間しか確保できず、なんとかその170mmの空間でボールの勢いを消すことができないかとあらゆる試行錯誤を繰り返して、最終的に行き着いたのがこの商品でした。

ハネナイトハネナイト GP-35L 反発弾性:2%(5°〜35°)

この商品は自動車や家電製品、建具のストッパーなどあらゆる産業で制振材として利用されているようですが、今回はこのゴムの低反発性能に注目して利用させてもらいました。反発弾性2%という優れた低反発性が示されていますが、この反発弾性とは、高さ10mの位置から床に敷かれた試験体に向って鉄球を落した場合の、跳ね返った高さを割合で示したものだそうです.

ドライバーで打たれたゴルフボールは、ほぼ新幹線の速さと同じくらいのスピードで飛んで行くわけですが、そのボールの勢いをほぼ0にまで落さなければなりません。万が一スクリーン裏のコンクリートの躯体にまでボールが届いた場合、ボールが打った人に向って跳ね返り、非常に危険です。
その現場では、このハネナイトで膜状の緩衝スクリーンを作り、シミュレーションスクリーンと躯体との間に吊るすことで、なんとかボールのスピードをほぼ0にすることができました。

ハネナイト

– カタログ請求など、お問い合わせはこちら –
-WEBショップもあります。ハネナイトを利用した各種ボールやサンダル、シューズなども購入できます-

記事にすれば簡単な出来事に思えますが、実際この時は非常に大変な思いをしました。
内外ゴムさんには感謝です。

関連記事

  1. 30色以上の色柄をもつストリングカーテン「Lineview」|AD Collection

  2. 美しい金属錆を各種素材に再現できる「サビル塗装」

  3. シームレスな仕上が可能な薄塗防水カラーモルタル系左官材「MORTEX」|BEAL Internati…

  4. キツジブロック|やわらかなコンクリートブロック

  5. ケイカル板を切削加工した浅彫りの不燃リブパネル|DSウォール

  6. ストリングカーテン|上質な色合いの高級ストリングカーテンメーカー2社

  7. 天然木単板(突板)貼りの不燃デザインパネル「リアルパネルシリーズ 2」

  8. ドロップペーパー|ガラス繊維でできた多機能新建材

コメント

    • kobayashi
    • 2011年 11月 27日

    私も今、高山様と同様な問題を抱えて困っています。
    低反発ウレタン材40mmをラワン材に貼って、その上にケブラー系の生地
    を覆うことで250K以上のボールを受け止めることができるか検討中ですが、本来スクリーンの裏に300mmの衝撃吸収空間が必要なのですね。
    ウレタンを壁材に張って、その上にハネナイトゴムを張れば、上手く行くと
    思われますか。 1.5mからの至近距離からの弾道ですから、50センチくらいの跳ね返りで済めば、問題ないのですが。もし、ご鞭撻頂けるようでしたら、ご返信願います。 小林隆

    • 小林様はじめまして。
      メーカーによりますとスクリーン裏の緩衝空間は最低250mm必要ということでした。

      実は私もコンクリートの躯体に低反発ウレタン(私の場合は30mm)を貼り、
      その上にハネナイト(GP-35L 10mm)を貼って、実際にプロにドライバーを打ってもらったのですが、
      結構な勢いで跳ね返りました。(けがをするというほどでは有りませんでしたが)

      どうやらこの方法でも一定のスピード(ヘッドスピードの遅い人のドライバーショットなど)までは、
      ほぼスピードを0にまで落すことが可能でしたが、ボールのスピードが一定ラインを超えると
      ゴルフボールそのものが持つ反発力で跳ね返ってしまうといった感じでした。

      あやふやな情報で申し訳有りません。

      あくまでも参考例としてお願いしたいのですが、私の現場では既製品の遮光カーテンの丈夫な物に補強を施し、
      ウレンタン用の接着剤でハネナイトGP35-L 5mmを全面接着貼りしたものを、
      スクリーンを留め付ける上部ワイヤーから吊るす(メーカーの緩衝スクリーンと躯体の間)という荒技で対応しましたが、
      その方法だとプロのドライバーフルショットでも問題なくスピードをほぼ0にまで落せます。

      ただあくまでも応急処置なので、年始のお店の休業時期を機会にしっかりしたものに交換しようと
      現在も方策を検討中ではあります・・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーキテリアル.jp

デザイン・機能が特に優れた建材や素材を建築家が紹介する建材情報サイトです。 建築設計の仕事をすすめる上で有益な情報も紹介しています。

おすすめ記事

  1. 同規格で幅広の古材 オールドボード|アルベロ・プロ
  2. 電気設備凡例図としても利用可能な電気設備記号一覧のダウンロード
  3. 豊富なデザインの海外輸入型板ガラス|ガラスランド

人気記事

  1. フローリングメーカー一覧

全カテゴリー・全記事一覧

PAGE TOP