5分で住宅ローンシミュレーションを行う方法

住宅金融支援機構

今回は設計の初期段階で建設予算についての話をする場合、住宅ローンシミュレーションを簡単に行うサイトの紹介です。
金融機関のサイトにも様々なシミュレーションページがありますが、このサイトはとにかく簡単に行えます。
 

「フラット35」 住宅ローンシミュレーション|住宅金融支援機構

フラット35CMでおなじみの住宅金融支援機構固定金利住宅ローン「フラット35」の紹介サイトです。
この中にローンシミュレーションが行えるページがあり、3種類の計算方法でローンシミュレーションが行えます。
※ 「フラット35」は固定金利ローンですので、シミュレーションはすべて固定金利の場合を想定しています。


ローンシミュレーション
計算方法は以下の3種類です。

  • 借入希望金額から返済額を計算
  • 毎月の返済額から借入可能金額を計算
  • 年収から借入可能額を計算


住宅ローンシミュレーションを実際に使ってみる

この中から最も使うであろう「借入希望金額から返済額を計算」のシミュレーションを実際に計算してみます。
仮に全体予算を3,400万とし、うち400万(11.76%)を自己資金で用意してあるという前提です。

住宅ローンシミュレーション設定方法

  • ① 借入希望金額「3,000万」を入力します。
  • ② 返済期間を入力します。フラット35の最長返済期間である「35年」を選びます。(36年以上はフラット50)
  • ③ 返済方法を選びます。一般的な「元利均等」を選択します。
  • ④ ボーナスで支払う割合を選択します。半年に1度1ヶ月分をボーナス返済で上乗せすると仮定した場合、およそ「15%」になります。
  • ⑤ 最新の金利情報をリンク先から調べます。35年返済で融資率90%以下の場合は1.73%〜2.43%でした(2014年5月現在)
  • ⑥ 金利を3パターン入力します。1.現時点での最低金利 1.73%適用(「フラット35」Sを利用)の場合。2.最高金利 2.43%適用(「フラット35」Sを利用)の場合。3. 金利1.73%で「フラット35」Sを利用しない場合 の3パターンです。
    ※ チェックボックスをクリックするだけで「フラット35」Sを利用する場合の金利割引条件は自動で設定されます。
  • ⑦ 「計算する」ボタンをクリック。
     

    計算結果は一瞬ででます。

    simu02

    条件に設定した3パターンでの毎月の返済額総返済額が表示されています。
    金利の差による返済額の違いが大きいことがわかります。
    また、「フラット35」Sを利用した場合とそうでない場合の総支払額の差もわかります。

    他の計算方法も使い方の基本的な部分は同じですので、設計の補助ツールとしておおいに役立てましょう。

    ※ 変動金利の場合のシミュレーションは金融機関のサイトを参照願います。

関連記事

  1. ローン計算|単位換算

    単位換算・ローン計算サイト|建築設計の実務でも役立つ「計算」専門サイト

  2. 優良住宅取得支援制度【フラット35】S とは?

  3. 相続税を回避|「小規模宅地等の特例」の適用方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーキテリアル.jp

デザイン・機能が特に優れた建材や素材を建築家が紹介する建材情報サイトです。 建築設計の仕事をすすめる上で有益な情報も紹介しています。

おすすめ記事

  1. コンテナハウス コンテナハウス|確認申請対応=確認済証が取得可能なコンテナハウス
  2. ビルトイン冷蔵庫|冷蔵・冷凍・ワインキャビネットを自由に組合せ
  3. 電気設備凡例図としても利用可能な電気設備記号一覧のダウンロード

人気記事

  1. フローリングメーカー一覧
  2. コンテナハウス

全カテゴリー・全記事一覧

PAGE TOP